DAZNジャパンチーム

John Skipper [ジョン・スキッパー]

Executive Chairman

DAZNのグローバル展開や放映権獲得についての戦略、会社の方向性について全体を統括。20年に渡りグローバルレベルの放送業界に携わり、2018年5月にDAZN Groupに入社。DAZN入社以前はジャーナリズムに従事し、1997年からGeneral ManagerとしてESPNに在籍。ESPNを世界規模へと導き、NBAとの9年間120億ドルの契約や、カレッジフットボールのプレーオフの権利を73億ドルで獲得するなど、アメリカのスポーツイベントにおけるテレビ放送権の契約交渉において高い評価を得た。

James Rushton [ジェームズ・ラシュトン]

Chief Executive Officer

2020年6月よりCEOに就任し、John Skipperのもとでグループ全体を統括する。DAZN Group入社後は、APACマネージングディレクター、オーストラリア&ニュージーランドマネージングディレクター、DAZN Playerマネージングディレクター、チーフレベニューオフィサーといった複数のシニアポジションを歴任。以前にはバーミンガム・シティFCの事業責任者を務めた経歴も持つ。

Stuart J. Epstein [スチュアート・J・エプスタイン]

Chief Financial Officer

財務関係のプランニング、運用、レポーティングの責任者。Evolution Mediaの共同執行役員、NBC UniversalのCFO、Morgan Stanleyの取締役など、グローバル企業にて数十年に渡り財務や放送産業のシニアポジションを歴任。

John Gleasure [ジョン・グリージャー]

Chief Business Development Officer

権利交渉やビジネス上の取引に関する指揮を執る。創設者の1人として、DAZNが世界で最も成長の早いメディアの1つとなる為に尽力している。Sky Sports やEMI Records、Hutchison Whampoa、SONY Picturesなど、スポーツやエンターテインメント、音楽業界で25年以上務めた経験がある。

Jacopo Tonoli [ヤコポ・トノリ]

Chief Commercial Officer

商業的パートナーシップの責任者。2008年に入社し、ヨーロッパを中心としたエリアのマネージングディレクターに就任。以来、ミランやマドリード、パリ、南アメリカにおける市場の拡大に大きく貢献。DAZN Group入社以前は、Moto GPの商業権を持つDorma Sportsでニューメディアマネージャーとして3年間勤めた。

Nancy Elder [ナンシー・エルダー]

Chief Corporate Communications Officer

企業ブランディングや、地位向上、CSRに関わる取り組みを、主要なビジネスメディアや外部ステークホルダーと取り組む。MattelとJetBlue AirwaysのCCOとして、25年以上コミュニケーション業務に従事したのち、2019年に入社。過去には、Time WarnerやGeneral Electric、Mastercardにてコミュニケーションや戦略、マーケティングにおけるシニアポジションを務めた。

Paul Morton [ポール・モートン]

EVP Finance

財務、データ分析、消費者戦略及び調査の責任者。Arther AndersonやDelloitで10年以上勤めた後、2010年よりDAZN Groupに入社。公認会計士の資格を持つ。

中村 俊

DAZN日本社長&マネージングディレクター

海外も含め、15年以上の幅広い分野での事業経営経験を持つ。Perform 在籍前は、再生可能エネルギー事業を推進する上場会社で社長兼CEOを務めていた。東京で三菱商事株式会社からキャリアを始め、11年後シリコンバレーへ移り、17年間米国在住期間ヒューレット・パッカード等様々な企業で勤務。

Martyn Jones [マーティン・ジョーンズ]

DAZN Japan Executive Vice President

DAZN Japan の責任者。20年以上スポーツメディアに関わり、2015年にPerform GroupのデジタルエージェンシーであるGoal Studiosの設立に携わった。2017年にはDAZN Japanのリーダーシップ部門に加わるため東京に拠点を移し、現在日本における活動の全てを統括する。