DAZNがUEFA、YouTubeと画期的なパートナーシップを締結 「UEFA女子チャンピオンズリーグ」放映権獲得 史上初の単一放映メディアとして世界中のファンに映像をお届け! 本日22:30よりグローバル発表が特設YouTubeチャンネルにて開催

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、「UEFA女子チャンピオンズリーグ」のグローバル放映権を獲得し、2021年から25年までの今後4シーズン※にわたりホストブロードキャスターになったことを発表いたします。また、スポーツをさらに発展させるために、YouTubeと画期的なパートナーシップを結び、世界中のファンが楽しめるように大会の模様を無料ライブ配信することも決定しました。この取り組みは、UEFAが女子チャンピオンズリーグの全試合を世界規模で集約し配信する初めての試みとなります。

今回のパートナーシップは、女子プロスポーツがさらなる露出を求めている今、世界中のファンがシーズンを通して試合を視聴できるようにすることで、選手、クラブ、そしてエリート競技そのものに、かつてないほどの可視性をもたらすものと考えます。最初の2シーズン(2021-23年)は、グループステージ以降の全61試合をDAZNでライブ配信およびオンデマンド視聴できるほか(日本では一部配信)、本日開設されたDAZN UEFA 女子チャンピオンズリーグYouTubeチャンネルでも無料でご覧いただけます。最後の2シーズンは、全61試合をDAZNでライブ配信し、そのうち19試合をDAZN UEFA 女子チャンピオンズリーグYouTubeチャンネルで無料配信します。今回の契約は、女子クラブサッカー史上最大規模の放映権契約であり、DAZNの女子スポーツへの長年にわたるグローバルな取り組みに、新たな変化をもたらすものとなります。

DAZN UEFA女子チャンピオンズリーグのYouTubeチャンネルのデビューコンテンツとして、キャンペーン動画「We ALL Rise With More Eyes」を本日公開しました。このショートフィルムは、数々の賞を受賞したアリッサ・ボニ氏が監督を務め、英国のラッパーFLOHIO氏がナレーションを担当しています。女子サッカーを新たな高みへと導く力強い表現がされている約2分の映像がより多くの人の目に触れることで、試合に素晴らしい波及効果をもたらすことを期待しています。

さらに、DAZN UEFA女子チャンピオンズリーグのYouTubeチャンネルにいち早くご登録いただいたファンならびにメディア関係者の方々に向け、今回の契約や大会、そして女子サッカー全体にとっての意味を語る特別なグローバルアナウンスメントイベントも開催いたします。本日6月30日(水)日本時間22:30よりこちらでご視聴いただけます。

DAZNは、女子サッカーはもちろん、さまざまなジャンルの女子スポーツの露出を増やすべく、今後も多くの施策を打ち出していきます。

※今回の契約はグローバルでの放映権獲得となりますが、MENA(中東・北アフリカ)地域と中国およびその地域は例外となりますのでご了承ください。
※MENA(中東・北アフリカ)地域ではハイライト、クリップのみ権利獲得
※全61試合はDAZNグローバルで配信、日本では一部配信となります。
※DAZN UEFA女子チャンピオンズリーグのYouTubeチャンネルでは日本でも全61試合をご視聴いただけます。

DAZN UEFA 女子チャンピオンズリーグYouTubeチャンネル
http://bit.ly/DAZNUWCLYouTubeSubscribe

※本配信は変更・中止になる場合がありますのでご了承ください。

関係者コメント
<DAZN>
■DAZNグループ共同CEO ジェームズ・ラシュトン
「DAZNは、UEFA女子チャンピオンズリーグの新しいグローバルブロードキャスターになることにとてもエキサイトしており、YouTubeやGoogleと協力して、ファンのみなさまにゲームをより身近に感じていただき、スター選手にこれまで以上に光を当てていきたいと思っています。DAZNは、プレミアムスポーツをより身近なものにするというビジョンのもとに設立されました。そして今回、権利が初めてひとつのブロードキャスターに集約されたことや、YouTubeですべての試合を無料で配信されること以上に、この大会が身近になることがあるでしょうか。この契約は一晩にして世界最高峰の女子サッカーをいまだかつてないレベルで世界中に簡単に届けることを可能としました。また、今後も引き続きライブ配信の制作も強化し、DAZNの既存のオリジナルコンテンツをさらに拡張し、女子サッカーの幅広さと素晴らしさを紹介する新しい番組を制作していくことを楽しみにしています」

■DAZN Japan エグゼクティブ・バイスプレジデント マーティン・ジョーンズ
「この度はUEFA及びYouTubeと共に、UEFA女子チャンピオンズリーグという女子サッカー最高峰の大会を配信できることを大変嬉しく思います。スポーツを通じてダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンをサポートしているDAZNにとって、今回の発表は私たちがコミットしている女性スポーツへの投資というミッションにおいて、非常に意義のあるものと捉えております。世界で活躍する日本人選手、各国トップ選手のプレーをお届けすることによって、日本でも女子サッカーへの認知や関心が高まり、また次世代の選手が勇気づけられることを心より願っております」

<YouTube>
■YouTube EMAE責任者 セシル・フロ=クウタズ氏
「YouTubeは、プレミアムで多様性に富んだコンテンツを世界中に提供しています。今回、DAZNとUEFAとの提携により、YouTubeでUEFA女子チャンピオンズリーグの試合をライブかつ無料で世界中のファンにお届けできることを大変嬉しく思います。新型コロナウイルスの感染拡大はスポーツに多くの不確実性をもたらしましたが、特に女性のスポーツにとっても大きな問題となっています。この世界的な大会をファンのみなさまに楽しんでいただくために、新しいエキサイティングな方法を見つけることがこれまで以上に重要になっています。私たちは、UEFA女子チャンピオンズリーグをこのプラットフォームに提供し、このスポーツが世界中のファンとつながるお手伝いができることを嬉しく思います」

<UEFA>
■UEFA女子サッカー担当チーフ ナディーン・ケスラー氏
「今回の契約は、女子サッカー界にとって初めてのことです。UEFAとDAZNおよびYouTubeとのパートナーシップにより、UEFA女子チャンピオンズリーグは、世界のどこにいても、この大会を愛するすべてのファンに観ていただけるようになります。このように多くの人々に世界最高の女性選手と最高の女性チームを観てもらえることが、より多くの若い女の子や男の子にこのスポーツを好きになってもらい、インスパイアすることとなるでしょう。すべてを変えます。私たちは一緒に女子サッカーを世界に広めていきます。そして、視聴してくださるみなさんは、その変化をより大きな変化へと導いてくれると信じています」

■UEFAマーケティングディレクター ギー=ローラン・エプスタイン氏
「DAZNとYouTubeという革新的なパートナーに出会えたことを嬉しく思います。DAZNとYouTubeは、世界最高峰の女子クラブのサッカー大会を、世界中のファンが常に無料で視聴できる機会を提供してくれます。これは、放映権の一元化と大会フォーマットの見直しを決めたときに、まさに願っていたことでした。DAZNとYouTubeが最も魅力的なオファーを提示し、このパートナーシップが大会と女子サッカー全般にもたらす膨大なプロモーション機会を提供してくれたため、最終的には今回の契約はUEFAにとっては簡単な決定でした」

<アスリート>
■アーダ・ヘーゲルベルグ選手
(オリンピック・リヨン/フランス所属、UEFA女子チャンピオンズリーグ歴代最高得点者)
「このパートナーシップにとても興奮しています。これまで何年もの間、人々はどこに住んでいても私たちの試合を見ることが困難でした。今回の提携により、世界中で観戦できるようになりました。今後は何百万人、何十億人もの目に触れる機会があり、前例のないことです。これは、女子サッカーの最大のクラブ大会にふさわしい、画期的なパートナーシップです。長い間、私たちが求めてきたものがようやく与えられるのです。女子サッカーがこのような露出を得る時が来たのです!」

■熊谷紗希選手
(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ所属、ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2020候補)
「特に日本のファンや私の家族・友人にとっては、DAZNやYouTubeで世界最高峰の女子サッカーを簡単に見ることができるようになるので、この契約にとても興奮しています。今シーズンは、新しいチームで新たなスタートを切ることになりますので、世界中の皆さんに見ていただけるUEFA女子チャンピオンズリーグでプレーすることをとても楽しみにしています」

************

■YouTubeについて
2005年5月に設立されたYouTubeは、すべての人に声を与え、世界を見せることを使命としています。誰もが声をあげる資格があり、ストーリーに耳を傾け、共有し、コミュニティを構築することで、世界はより良い場所になると信じています。YouTubeはGoogleの会社です。

■UEFAについて
UEFA(Union of European Football Associations)は、欧州サッカーを統括する組織です。UEFAは、代表制民主主義を採用しており、ヨーロッパの55の国のサッカー協会を統括しています。目的は、欧州サッカーに関するあらゆる問題に対処すること、政治、人種、宗教、性別、その他の理由による差別を受けることなく、団結、連帯、平和、理解、フェアプレーの精神に基づいてサッカーを推進すること、欧州サッカーの価値を守り、欧州サッカーの倫理基準とグッドガバナンスを推進、保護すること、欧州サッカーに関わるすべての利害関係者との関係を維持すること、欧州サッカーの全体的な幸福のために加盟団体を支援、保護することなどにあります。