より多くのファンへスポーツの興奮を届けるためにヤマハとDAZNがタッグ! 「For The Fans Project」が始動 リモート応援アプリ「Remote Cheerer powered by SoundUD」 新機能を活用したイベントを多数開催!

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、昨年5月にヤマハ株式会社がリリースしたリモート応援アプリ「Remote Cheerer powered by SoundUD」とコラボレーションし、スタジアムに足を運べない多くのスポーツファンがアプリを通じて試合観戦中に他のファンとコミュニケーションが取れる「For The Fans Project」を4月15日よりスタートすることをお知らせします。

明治安田生命Jリーグ、プロ野球の2021シーズンが幕開けし、連日白熱した試合が繰り広げられています。その一方で、昨年から続く新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け試合会場には未だ入場制限が設けられています。多くの方がスタジアムでの応援を自粛している現状を受け、ヤマハ株式会社とDAZNは、”ファンのために新しい形のスポーツ観戦を提供していきたい”という共通ビジョンを持ち今回のコラボレーションを実施することを決定しました。また、「Remote Cheerer」は新型コロナウイルスへの対策だけではなく、健康面の問題をお持ちの方や子育てでお出かけが難しい方、遠方に住んでいて簡単に移動できない方など、さまざまな理由でスタジアムへ足を運べない多くのファンにとっても参加が可能なツールです。ダイバーシティ(多様性)・エクイティ(公平性)・インクルージョン(包括性)を推進するDAZNは、より多くの方にスポーツの興奮を届けるため引き続き外部パートナーと様々な活動に取り組んでまいります。

「For The Fans Project」では、より多くのスポーツファンに向けてライブ配信やSNSとの連動などを通して、アスリートへより多くのファンのサポートの声を届けたり、試合会場以外でもファン同士が一体となって応援を楽しめる施策を展開していきます。リモート応援アプリとして注目を集める「Remote Cheerer」は、スポーツ中継を見ながら歓声や拍手を試合会場に届けられるサービスとして、昨年5月にβ版がリリースされました。今年2月に搭載された新機能「トークルーム」では、”実況ルーム”、”著名人ルーム”、”応援ルーム”など多様なカテゴリーのグループが存在し、ユーザーは試合を観ながら自分に合ったトピックを選び他のファンと交流しながら試合観戦ができるようになります。

DAZNでは、「Remote Cheerer」の新機能を活用することで、より多くのスポーツファンが一体となった応援が可能になるのではないかと考え、4月後半から複数回にわたりトークルームイベントを実施いたします。内容もさまざまで、『YABECCHI STADIUM(やべっちスタジアム)』や『野球トレンド研究所』などのDAZNオリジナルコンテンツとのコラボレーションをはじめ、多くの競技のスポーツファンが一体となれるイベントやSNSなどと連動したプレゼントキャンペーンなども実施する予定です。

リモート応援という新しい観戦スタイルの定着は、より多くの人々にライブスポーツの興奮を届けられるだけでなく、スポーツファン同士のつながりを深め、一体感を深めるものになると考えています。DAZNでは、今後もさまざまな施策のもと、ライブスポーツの魅力をお伝えし、スポーツ界全体を盛り上げてまいります。

ヤマハ株式会社 常務執行役 川瀬忍氏 コメント
「ヤマハは、音・音楽を原点に培った技術と感性で、人々の暮らしを豊かにする様々な社会課題の解決に挑戦し続けており、「Remote Cheerer」もその取り組みの一つです。今回、DAZN Japan Investment合同会社に、スポーツ観戦の世界をユニバーサルデザイン化するというコンセプトに共感いただき、新しい観戦スタイルを共に推進していけることを大変嬉しく思います。いつでも、どこでも様々なスポーツを視聴できる世界を実現されたDAZNさんと共に取り組めることは素晴らしいことで、スポーツ中継を見ているより多くの方々に「Remote Cheerer」を使っていただくきっかけとなればと考えています。今回のプロジェクトを通して、より多くの方にスポーツの力や感動を届け、スポーツ界のさらなる発展に寄与していきたいと考えています。」

DAZN Japan エグゼクティブ・バイスプレジデント マーティン・ジョーンズ コメント
「スポーツ観戦環境のさらなる発展に向けて、今回、ヤマハ株式会社が開発した素晴らしいテクノロジーとコラボレーションできることを非常に嬉しく思っています。新型コロナウイルス感染拡大の影響を未だに多くの方々が受けており、スポーツ界もその例外ではありません。スポーツはファンのみなさんがいてこそ熱狂や興奮が生まれるものだという考えは変わりません。その中で”Remote Cheerer”のようなツールが出てきたことは素晴らしいことだと感じています。またこのような発展は新型コロナウイルス感染の影響に限らず、より多様な人々にとってのスポーツ観戦を身近にするものだと考えており、ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンを推進するDAZNとしては強い想いを持って取り組みたいコラボレーションの一つです。今回のプロジェクトによって、より多くの方々にスポーツの楽しさをお届けできるようになることを願っています。」

DAZN×「Remote Cheerer」コラボイベントの詳細
第1回トークルームイベント
『YABECCHI STADIUM(やべっちスタジアム)』×Remote Cheererコラボレーション
開催日 :5月2日(日)14時45分~17時
対象試合:明治安田生命J1リーグ セレッソ大阪 vs ガンバ大阪
出演  :黒木ひかり氏 他予定

毎週日曜23時より大好評配信中のオリジナルコンテンツ『YABECCHI STADIUM(やべっちスタジアム)』がトークルームに登場!番組アシスタントの黒木ひかり氏が出演し、注目の大阪ダービーでどのようなトークが繰り広げられるか、ご期待ください。

Interop Tokyo 2021
4月15日(木)15時30分から、インターネットテクノロジーイベント「Interop Tokyo 2021」内の基調講演で、ヤマハ株式会社と共同で「For The Fans Project」の概要をお話いたします。講演では「Remote Cheerer」アンバサダーのROLAND氏が実体験を交え活用事例をご紹介します。

※オンラインよりご視聴いただけます(無料)。詳細ならびにお申込みは下記をご確認ください。
「Interop Tokyo 2021」
https://www.interop.jp/about/

<基調講演>
『無人の会場から拍手が鳴り響く!? スポーツ業界と創る”観戦のニューノーマル” 〜サッカー、野球、バスケ、パラスポーツの事例から〜』
提 供:ヤマハ株式会/SoundUD推進コンソーシアム
日 時:4月15日(木)15時30分~16時10分
登壇者:
・ヤマハ株式会社 クラウドビジネス推進部サービスプロデュースグループ グループリーダー 瀬戸優樹氏
・株式会社阪神タイガース 事業本部営業部 部長 大西邦佳氏
・公益社団法人日本プロサッカーリーグ コミュニケーション・マーケティング本部 本部長 笹田賢吾氏
・Remote Cheerer アンバサダー/実業家 ROLAND氏
・声優 藤田咲氏
・DAZN Japan Investment合同会社 ストラテジー&クライアントサービス部長 大島久之介
https://forest.f2ff.jp/introduction/4941?project_id=20210401

■「Remote Cheerer」について
「Remote Cheerer」は、自宅などの離れた場所からでもインタラクティブにスポーツ観戦を楽しめるようにサポートする、ヤマハ株式会社が開発したアプリおよびシステムです。これまでにサッカー、野球、バスケットボール、プロレス、陸上など500以上のスポーツの試合で使用され、延べ1億回以上の応援を現地に届けています。2021年シーズンからは、画面上のボタンをタップして拍手などを会場に届ける機能に加え、会場で流れる臨場感のある音を自宅で楽しめる機能や、音声やチャットでトークしながらユーザー同士が一緒に応援を楽しめる機能を追加し、会場と人々のつながりをさらに深めるリモート応援アプリへと進化しました。
なお、本アプリの中核技術には「SoundUD」のテクノロジーが応用されています。
https://remote-cheerer.com
https://www.yamaha.com/ja/news_release/2021/21041501/