野球ファンに吉報!2020シーズン 東京ヤクルトスワローズ 公式戦主催試合の全試合配信決定 2月22日(土)以降のオープン戦もライブ配信でお届け!

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」では、2020シーズンの東京ヤクルトスワローズの公式戦主催試合を全試合放映することが決定しました。

DAZNは2016年のローンチ時より、横浜DeNAベイスターズ、広島東洋カープ2球団の公式戦配信を皮切りに、2018年には11球団、2019年には読売ジャイアンツが加わった10球団の公式戦をライブ配信してきました。オリジナル番組の配信も充実し、DAZNでの野球コンテンツ配信の認知、そしてユーザー数ともに年々上昇傾向にあります。そして今シーズン、2018シーズンぶりに東京ヤクルトスワローズの公式戦配信復活が決定しました。チームは新たなシーズンに向けて着々と補強を進めており、新加入選手の活躍も期待されます。

DAZN 日本社長 中村 俊(なかむら たかし)は、
「DAZNはローンチ当初より、お手軽な値段で多くのスポーツコンテンツをみなさまにお届けすることを最優先にサービスを展開しております。1シーズンぶりに東京ヤクルトスワローズの公式戦を配信できることにより、より多くの野球ファンのみなさまに試合をお届けできることとなりました。私たちは常に全球団の試合を配信できるよう努めており、今回一つ前進できたことを非常に嬉しく思います。また、今年はオリンピックイヤーでもあり、競技種目の一つである野球をより盛り上げることに貢献できたらと思います」とコメント。

DAZN Japan Executive Vice Presidentのマーティン・ジョーンズは、
「東京ヤクルトスワローズの試合を改めてみなさまにお届けできることを大変嬉しく思います。日本においてプロ野球は非常に重要なコンテンツの一つであり、DAZNでより多くの野球コンテンツを揃えることは最大使命です。現世代のファンの皆様はもちろんのこと、特に、新しい世代によりスポーツ、野球の魅力を伝えるべく、全ての野球コンテンツをワンパッケージで、いつでもどこでも観られることが重要と考えます。引き続き、DAZNはみなさまのスポーツ視聴環境をより良く変えられると信じております。今後もみなさまの期待に応えられるよう努めてまいります」とコメント。

DAZNではキャンプ情報番組やオープン戦を始め、数多くのプレシーズンコンテンツも配信中です。引き続き、「ライブスポーツが一番観られる」サービスとして世界最高峰のあらゆるスポーツの興奮をお届けします。