DAZNファクトシート Vol.3 -2019年におけるユーザー視聴動向について-

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、ローンチから4年を経てスポーツファンのみなさまに多く認知、ご利用いただいています。DAZNは現在世界9ヶ国でサービスを展開し、各マーケットでプレミアムなローカルコンテンツを配信しておりますが、スペイン・ブラジルが加わった昨年はグローバルレベルにおいて「一番利用されたスポーツアプリ」としてESPNを抜きトップを獲得しました*。

日本においても2019年は飛躍の1年でした。読売巨人軍との包括提携による野球コンテンツの強化、またコパ・アメリカ2019、FIBAバスケットボールワールドカップ2019、ラグビーワールドカップ2019TMと、全世界が注目する大会のライブ配信ならびにハイライト配信を行いました。そこで、2019年のユーザー視聴動向を「DAZN ファクトシート」の第3弾としてまとめました。

今後もDAZNでは、多くのユーザーのみなさまにご満足いただけますよう、「ライブスポーツが一番観られる」サービスの強化、充実を図ってまいります。2020年もよろしくお願いいたします。

* 出典:App Annie Top Sports Apps by Consumer Spend Worldwide in 2019

■2019年コンテンツ視聴数ランキングトップ10 
日本代表が出場する一大会の全試合を配信する国内史上初の取り組みとなったコパ・アメリカ2019は、多くの注目を集めました。これは視聴数にも大きく表れており、トップ10の半数をコパ・アメリカの試合が占める結果となりました。その他、独占配信したUEFAチャンピオンズリーグ(以下UCL)決勝、フライデーナイトJリーグとして金曜日に行われた2019明治安田生命J1リーグ開幕戦、プレミア王者として来日したマンチェスター・シティの一戦などがランクインしました。またDAZN全体としてはボクシングコンテンツが高い視聴数を記録しました。アメリカにおいて往来ペイ・パー・ビューでの観戦が主流だったボクシングの試合を、定額サービスであるDAZNで配信することで新しい視聴スタイルをファンの方々にお届けすることができました。UCLは世界的にも変わらず人気コンテンツであることが視聴データにも表れています。

DAZN JP

DAZN

■2019年ジャンル別視聴時間数
ジャンル別で見ても、UCLを中心に、注目コンテンツが多いことからユーザーの視聴時間もサッカーがトップとなりました。また、2019年より読売ジャイアンツの主催試合のライブ配信を開始したベースボール関連コンテンツも3千万時間以上を超えサッカーに次ぐ視聴時間を記録しました。
また、グローバルでの総視聴時間数は5億時間を超え、昨年比約2倍となりました。様々なスポーツコンテンツの配信先がデジタルサービスに移管する中、DAZNでのスポーツ視聴も着実に根付いていることが伺えます。

DAZN JP

※全ジャンルの総視聴時間数1.43億時間

DAZN

※全ジャンルの総視聴時間数5.07億時間

■2019年デバイス別視聴割合
ユーザーの視聴スタイルにつきましては、スマートフォンやタブレットといったモバイル機器での視聴が4割近くを示しています。日本においては現在96%以上のデバイスでの視聴が可能ですが、携帯端末で視聴するユーザーの割合が高くなっています。グローバルでは、セットトップボックス(STB)やスマートTVを通して大画面でスポーツ視聴をするユーザーが多い結果が出ました。

DAZN JP

DAZN