ついにDAZN野球ラインナップに強力コンテンツ追加 読売ジャイアンツ公式戦放映決定!3月23日(土) オープン戦よりライブ配信開始

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」では、読売ジャイアンツの公式戦をライブ配信することが決定しました。

読売ジャイアンツの主催試合放映権利獲得について、DAZN日本社長&マネージングディレクター中村 俊(なかむら たかし)は

2016年のサービス開始当初より、日本マーケットで成功するには日本のプロ野球の放映が非常に重要と考えており、日々その権利獲得に努めております。その中でも日本最大級のプロ野球チームであります読売ジャイアンツの放映は日本のスポーツファンにとって必須と考えておりました。そして、今シーズン、DAZNで読売ジャイアンツのホーム戦を放映できることとなり、非常に嬉しく思っております。

DAZNでの今シーズンのプロ野球放映は、現状、10球団となります。しかしながら、DAZNではメジャーリーグを含めると、野球コンテンツのみでも年間1,450以上の試合をファンの皆様にお手頃価格でいつでもどこでもライブ観戦ができる環境をお届けしています。DAZNは今後も革新的な配信技術を用いて日本のプロ野球の新しいファン層の拡大にも長期的に貢献していき、更に充実したコンテンツを皆様にお届け出来るよう努力していきます。」

 とコメント。

 

全国に根強いファンがいる読売ジャイアンツの主催試合を、ついに DAZNでも配信開始します。引き続きメジャーリーグの配信も行なっていく予定で、DAZNは国内外合わせて圧倒的な野球コンテンツを誇ります。また、ご利用料金も変わらず月額1,750円(DAZN for docomoでは980円)で、あらゆるコンテンツが見放題となります。試合のライブ配信以外にも、選手同士の対談コンテンツや、過去の名シーンを振り返るコンテンツなど、野球ファンのみなさまにお楽しみいただける番組を多数お届けしてまいります。試合後のハイライトや見逃し配信もしており、気になる映像をすぐにチェックいただけます。

いつでもどこでも様々なスポーツが手軽に視聴できるDAZNでは130以上のコンテンツ、年間10,000試合以上を配信しており、今回のコンテンツ追加を機に「スポーツの新しい本拠地」としてさらなる発展をとげるべく、スポーツファンのみなさまに向けた活動を続けてまいります。