村田諒太 DAZNアンバサダーに就任 村田選手を起用した新CMが10月22日(日)の世界戦にて放映決定

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダ・ゾーン)」は、プロボクサーの村田諒太選手がすべてのスポーツを応援するDAZNアンバサダーに就任したことを発表いたします。

「DAZN」は、スポーツの「瞬間」の美しさをファンの皆様にお届けるすることを重視し、新たなスポーツの観戦の仕方を提供してまいりました。

プロボクサー村田諒太選手は、試合中の勝負が決まる一瞬のために、日々練習を積み重ねています。村田選手のように「瞬間」にすべてをかけるアスリートをサポートし、一つ一つの試合・レース・プレイにこめられたストーリーを日本のスポーツファンの皆様に伝えることが、「DAZN」の使命であると考えております。

村田選手のアンバサダー就任に際しまして、10月22日(日)に地上波で放送されるWBA世界ミドル級王者のアッサン・エンダム選手との世界戦にて、村田選手を起用した「DAZN」の新CMが公開されます。試合の「瞬間」にかける村田選手の生き様が表現されたCMを是非ご覧ください。

アンバサダーの重要な一戦に向け、DAZNではTwitterを通し視聴者の方より世界戦に向けた応援メッセージも募りました。視聴者の方々からいただいたメッセージは、ポスターに集約され、試合前に村田選手にお届けします。今後もこのような取り組みを通し、日々戦うアスリートを応援し、スポーツの見逃せない瞬間を盛り上げてまいります。

 

■村田選手アンバサダー就任式 インタビュー内容

  

―― DAZNアンバサダーに就任された感想をお聞かせください。
本当にありがたいのですけれど、僕でいいのかなっていう気持ちが強いですね。

―― それはどういった部分で?
やっぱり常に「僕みたいな人が」、と思っているので、ちょっと恥ずかしいですね。

―― (827日にDAZNで放映された)メイウェザーvsマクレガー戦をご覧になられていかがでしたか?
やっぱり、どちらかというと海外の試合は日本のコアなボクシングファンにとって近いものであっても、カジュアルなファンにとっては遠いものなんですよね。海外の試合ってなってしまうと、どうしても興味が薄れてしまうのが人間の心理なので、その興味を少しでも日本の格闘技ファンに近づけてもらえるのはアスリートにとっては非常に大きなことだと思います。

―― 今のコンディションは?
順調に出来ていますし、良い時も悪いときもありますけど、それを含めてコンディションの調整だと思っているので、あとはリング上でどういったパフォーマンスが出せるかが一番だと思っています。

―― 村田選手が注目する他のスポーツの試合はありますか?例えばボクシング以外で影響を受けているスポーツなどは?
そういわれるとパッと思い浮かばないですけど、様々な方々とお会いしたいですね。やっぱり全く違うタイプの人と会ってみたいかもしれないですね。(格闘技界の人とは)だいたい意思の疎通ができるものじゃないですか。むしろ意思の疎通ができなさそうな人と話してみたいですね。

――スポーツでいうと?
とりあえず殴らないことですね。殴らない、蹴らないスポーツの人と対談してみたいですね。

――夢の対談が実現するかもしれませんね。
是非、期待しています。

――(22日に行われる)世界戦を応援してくれるファンに向けて一言お願いいたします。
前回が本当にスッキリしない形でしたし、僕もスッキリしていないので、皆さんにスッキリした形を見てもらおうと思ってます。応援して下さい。宜しくお願いします。

 

■新CMストーリーボード
「DAZN その瞬間にすべてを」篇(30秒)

 

■村田諒太さん プロフィール

プロボクサー
1986年1月12日生まれ、奈良県出身。
2012年、ロンドンオリンピックで、金メダル獲得
アマチュア戦績 138戦119勝19敗
2013年、プロデビュー
プロ戦績 13戦12勝1敗
10月22日(日)に、プロデビュー後、初の敗戦となったアッサン・エンダム選手との再戦が決定している。

参考:WBA世界ミドル級王座決定戦について
放送局:フジテレビ系列全国ネット
番組名:『マイナビスペシャル 村田諒太vsアッサン・エンダム2』
日時:2017年10月22日(日)19:00~21:30
選手: 村田諒太(31歳、帝拳/13戦12勝9KO1敗)WBA世界ミドル級1位
アッサン・エンダム(33歳、フランス/38戦36勝21KO2敗)同級王者
※「DAZN」での本試合の放映予定はありません。