DAZN Your Sport, Your Way

DAZN視聴不具合の原因と対策のご報告

2017年2月25日(土)~2月26日(日)、ライブ配信および見逃し配信においてDAZN(ダ・ゾーン)ご契約中のお客さまが視聴できない状態が発生いたしました。
ファン・サポーターの皆様に多大なご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げますとともに、本件について下記の通り原因、今後の対策およびお客様への対応をご報告申し上げます。

1. 発生した現象・原因について
現象
エンコーディングプラットフォームの障害により、2月26日に一部のイベントを視聴できない状態が発生。
なお、エンコーディングプラットフォームは、エンコーダー(中継・制作された映像データを各デバイスやプラットフォーム用に変換する機能)、パッケージングツール(エンコードされた素材を配信するために最終化する機能)、複数のデータベースにより構成されている。

原因
2月26日、午後4時半前後に終了した7つの試合に対し、ライブ配信終了後に「見逃し配信」を自動的に起動するコンテンツ制作ツールが、複数の試合を同時に処理を開始したが、システムの一部に不具合があったため、結果データベースの破損、さらにはエンコーディングプラットフォームに障害を起こした。なお、この不具合は、複数試合によるアクセス集中によるものではないことを確認している。
2月25日にも同様の事象が起きていたが、その後システム上で正常稼働に復旧していた。

2. 対応策について
エンコーディングプラットフォームの正常化
– 全てのデータベースを再構築、以降は正常に稼働していることを確認しました。
– コンテンツ制作ツールが同時に起動しないよう制御するプログラムを構築しました。

バックアッププラットフォームの構築
独立したエンコーディングプラットフォームを新たに構築し、既存のシステムに依存せずDAZNに配信できるバックアップを構築しました。

アップデート環境の検証
– 正常化されたエンコーディングプラットフォームでの稼働検証を継続的に実施しています。
– また、㈱Jリーグデジタルの協力により、上記対応策にて改善されたシステムを用いて、週末に試合を予定しているJ1・J2の12のスタジアムからの“ライブ環境”制作下でのテストを実施します。(3月3日)

3. 今後のご契約中のお客様への対応について
「DAZN」をご契約中のお客様で、2017年2月25日(土)~26日(日)に、
「DAZN」でコンテンツのご視聴操作をされたお客様への対応として2週間の無料期間をご提供
– 無料体験期間中のお客様:無料視聴期間を2週間延長させていただきます。月額料金をいただくまでさらに2週間無料でDAZNをご利用いただけます。

– 既に月額料金をお支払い中のお客様:ご利用期間を無料で2週間延長させていただきます。次回のお支払い日は現在設定されている日から2週間後となります。

「DAZN for docomo」をご契約中のお客様への対応として、NTTドコモよりdポイント500ポイントを進呈
– 2017年2月25日(土)~26日(日)に、「DAZN for docomo」にログインしコンテンツのご視聴操作をされたお客様:dポイント500ポイントを進呈させて頂きます。(6ヶ月の期間限定ポイント。進呈時期については別途お知らせいたします。)